投資

投資と投機の違いとは【利益計算方法や利回り計算の例から解説】

投資と投機の違いとは

 

悩み人
投資と投機ってどう違うの?

 

投資って言葉を知らない人はおそらくいないのではないでしょうか。

逆に投機について説明できる人は少数派だと思います。

では、今回は投資と投機の違いにフォーカスを当てて、投機について学んでいきましょう。

 

投資とは

投資とは

投資とは、将来有望なものや企業に対して長期的に資金を投じることです。

具体例を挙げると、わかりやすいものに株式投資があります。

株式投資における利益は、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類があります。

インカムゲイン

株式投資のインカムゲインは、株主優待や配当金などのことを指します。

株主配当は、企業のサービスや商品を無料もしくは割引され、利用できる権利のことで、こちらも保有株式数によって受け取れるものが変わります。

配当金は1株あたりに配当金が設定され、その金額に保有株式数をかけた金額が現金として受け取ることができます。

配当金の受け取れる額の計算は、次の通りです。

配当金=1株あたりの配当×持株数

もちろんここに税金がかかってきます。

この配当金から投資の利回りを計算することによって投資先の評価をすることもできます。

利回り=1株あたりの配当÷株価×100

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは株の売買によって得られる利益のことです。

例えば、とある企業の株を1株2,000円の時に100株買ったとします。

その後株価がぐんぐん伸びていき、1株あたりの株価が20,000円になり、保有している100株全てを売却した場合、

20万円で購入して200万円で売ったことになるので、差額の180万円が単純利益になります。

この差額がキャピタルゲインと呼ばれる利益です。

もちろん逆に損することもあります。

投機とは

投機とは

投資のアウトラインはざっくり先程の説明で理解できたと思います。

では、次に投機についてです。

投機とは、短期的な値動きによる値幅(買値と売値の差額)から利益を得るために資金を投じることです。

投機の最大の特徴は、資金額面のままだと1回の取引における利益が少ないため、基本的にレバレッジをかけます。

レバレッジとは、他人の資金により自己資金を数倍にすることや割合のことを指します。

悩み人
ちょっと何言っているかわからない。。。

という人もいると思うので、具体例を用いて説明します。

投機の代表的にものにFX(為替取引)が挙げられます。

FXとは簡単に言えば、刻々と変化する通貨の価値の違いを利用して、利益を得ることができます。

例えば、1ドル100円の時に100万円を10000ドルに両替したとします。

その後、1ドルは101円まで上がり、この時点で保有している10000ドルを円に両替するとその差額の10000円が利益となります。

利益=(決済時のレート)×(保有数)–(取引エントリー時のレート)×(保有数)

レバレッジがかけられて、短期的に大きな利益が見込める分、短期的に大きな損失を抱えてしまうリスクもあるため、まさにハイリスクハイリターンと言えます。

投資と投機どっちがいいの?

投資と投機どちらがおすすめかで言えば、今まで説明してきたようにそれぞれ特徴があり、良し悪しどちらにもあります。

投資には多額の資金が必要な上に、短期間では大きな利益は滅多に発生しませんが、リスクコントロールはしやすい。

投機は、短期間で大きな利益が望めますが、リスクコントロールが難しいです。

それぞれの特徴を理解した上で自分に合った資産運用を心がけましょう。

 

-投資

© 2021 共働き夫婦のFIREブログ Powered by AFFINGER5